一括査定から始めた不動産の売却の流れ

訪問査定の金額よりも高く売ることができました

不要な不動産を一括査定したことがあります | 全部で15社程度にお願いしました | 訪問査定の金額よりも高く売ることができました

この3社はいずれも不動産仲介業も行っていたので、どれかを選んで媒介契約を締結してしまおうと決めました。
一括査定の時点から一貫して同じ担当者に対応してもらえていて、地元の業者という魅力もあった業者に決めて専任媒介契約を結び、売却を進めることにしたのは効果的でした。
あまり時間がなくて連絡が取れないかもしれないということを伝えても大丈夫だという話をしてくれたのも気持ちの上では助けになりましたが、実際に購入希望者が現れるまでに3週間しかかからなかったのは実力の高さゆえではないかと考えています。
こちらも忙しかったので内見に立ち会うことが難しいと告げると代行をしてくれて、その翌日には購入申し込みを受けることができました。

不動産を手放したくないが、当面のために任意売却をお考えの方、住んだまま借入が可能です。

— Eripon (@eriponlover) 2018年9月18日
この業者を選んでいて得をしたと感じた点がもう一つあります。
販売価格として訪問査定のときの価格ではなく、一括査定の価格を採用するのを提案してくれたことです。
売買交渉があって価格が下る可能性があるから一括査定の結果で十分という提案を受けて承知してみたのですが、確かに売買交渉で若干の引き下げを行う決断をすることになりました。
しかし、それでも訪問査定の価格よりも高く売ることができたので初期価格の設定をする上で適切な提案をしてもらうことができた点で得ができたのです。